ブランドの修理って安いの?できない場合があるって本当?

自分のお気に入りのブランドが誰にでもあるかと思いますが、せっかく大事に使っていたのに壊れてしまったり、修理が必要になってしまうときってありますよね。ちょっとした汚れなどや気にならない部分がほつれた程度なら良いですが、金具が取れてしまったり取手が外れてしまってはもはや使うことができません。 そんなときに本社に現物を送って修理することができますが、結構な値段が取られてしまいます。やはりブランド品は素材の価格というよりは、その名前に価値があるので、当然修理代も通常では考えられない値段になります。高価なブランド品の場合なんかは、別に新しいブランド品を安く買える場合もあります。 そして、よくあるのが修理できない場合です。修理してほしくて本社に送ったり、店舗に持参したはいいけど、断られたり、そのまま送り返されることがありますが、これは損傷が激しくて元通りにできない場合です。そして、偽物のブランド品の場合も修理できません。あくまで自社で取り扱ってる商品を対象にしてますので、どんなにそっくりなブランド品でも直すことはできないのです。